イメージ画像

薬剤師に多い転職先 (調剤薬局・ドラッグストア)

最近の薬剤師の求人は、大きく下記の4つの職種に分類されます。

①病院
②ドラッグストア
③調剤薬局
④製薬メーカー

この中でも特に件数が多いのが、ドラッグストアと調剤薬局です。この2つの求人には特徴があって、いわゆる大都市圏(東京都内で言えば中央区や港区等)では、供給が需要を完全に上回ってしまい、飽和状態にあります。

一方で地方の都市では人材が不足傾向にあり、売り手市場の求人活動が行われています。 薬剤師の平均年収ですが、400万から500万円というところでしょうか。薬剤師の場合、男性だと30歳位、女性だと30代後半位で管理職になることが多いため、その年代で給与が一気に高くなっています。

管理薬剤師になると、上記の金額に50万から100万上乗せになると考えて良いでしょう。 また、パートの時給については、他の職業に比べると割高で、平均で1,800円から2,500円位です。

パートの中でも、午前のみ(加えて土日休み)という勤務パターンは非常に希望者が多いので、夜のパートを少なくとも1日は入れないと採用されないというところが増えてきています。

転職の理由の筆頭は、やはり給与に対する不満ですが、ここ最近は、薬剤師としての知識をもっと活かしたいと言った、自己スキル向上を理由とした転職も増加してきています。これは、薬剤師法改正による6年制大学卒業生の採用も要因になっているようです。

リクルート活動のピークは、

①冬の賞与時期
②年度末初(3月~4月)
③お盆明け(下期採用)

の3時期ですが、競争率も必然的に高くなるこの時期ではなく、敢えて時期を外して転職活動を行うというのも1つの手です。あまり時期がずれ過ぎると、案件が殆ど無くなりますから、前述のピーク時より2,3ヶ月前倒しのスケジュールがベターと言えるでしょう。

薬剤師の絶対数は、全国的には不足傾向ですが、ここ最近の薬学部の増設や、理系職人気の上昇もあり、近い将来には飽和状態になる可能性も否定できません。

出産・育児のため一旦退職なさった女性の薬剤師の方で、子育ても一段落して、復職を検討されている方は、まさに今が好機と言えるでしょう。 最近では、大手の調剤薬局や人材紹介会社主催の復職支援セミナー等も頻繁に開催されていますので、是非一度活用してみることをお勧めします。

このページの先頭へ